究極の札勘練習用模擬紙幣セット、札勘の達人!今までありそうでなかった両面印刷模擬紙幣登場!実用新案出願済み

札勘の達人!札勘練習用模擬紙幣

お金のプロ、銀行員が入社後
最初に受ける研修「札勘 (さつかん)」に必要な
札勘練習用模擬紙幣セットです。

両面印刷の模擬紙幣

札勘練習帳の最高級グレード!
元銀行員が経験をもとに、研究を重ねて開発しました。

本物に近いサイズ・質感の模擬紙幣で、安心して正しいお金の扱いが学べます。

手順書と指先の滑り止め“メクール”
紙帯付で、届いたら即練習可能!▶
メクール

※本物の感覚を銀行員が徹底研究した安心の日本製です。類似品、粗悪品にご注意ください。

こんな方にオススメ

銀行や金融機関など、現金を扱う職種に就職・転職する方
経理担当・飲食店や現金商売の方・レジ担当・宴会の幹事

模擬紙幣なら安心

札勘練習のために、100万円単位で本物の紙幣を
用意するのはとっても大変。大金を持ち歩くのは防犯の面でも危険です。練習の時、まわりの人目も、気になりますよね。
その点、「本物に限りなく近いが本物ではない」模擬紙幣なら、扱いやすさ抜群!持ち歩きも安心で、どこでも練習できます。

両面印刷

※模擬紙幣は特許庁へ実用新案登録済みです。
※札勘用模擬紙幣はワークアップ株式会社の実用
新案登録済み商品です。
当社販売製品の類似品や模倣品については、不正
競争防止法などその他法令に抵触する場合、事前の通知なくして、顧問弁護士(京都弁護士会所属 岡田一毅弁護士) と相談の上、速やかに民事訴訟
を提起する対応を致します。

実用新案登録済み!特許出願に切り替え可能

札勘(さつかん)の方法

縦読み
まず紙幣を少し広げる
左手の中指と薬指の間で
紙幣を挟む
挟んだまま紙幣を折り曲げて
左手人差し指と親指で挟む
うしろから見た図
右手親指にメクールを少しつける
右手親指で一枚ずつめくる
この時 1 枚である事を確認するために、右手薬指で紙幣をはじく
親指だけでやると2枚重なって
いる時があるので、必ず右手
薬指ではじく
横読み【右利き】
左手に紙幣を持ち左手
親指を支点とし広げる
右手は包み込むように
均等に力を加え、手首
を滑らかに動かす
紙幣を綺麗に扇形に広
げていく
上の扇形を作るという
より、下の扇形を綺麗
に作ることを意識する
綺麗な扇形に広がる
綺麗に扇形ができたら右から5枚
ずつ数える。
(または4枚ずつ×12回 = 48枚、
2枚×1回 = 2枚 計50枚を2度
繰り返す)
横読み【左利き】
右手に紙幣を持ち右手
親指を支点とし広げる
左手は包み込むように
均等に力を加え、手首
を滑らかに動かす
紙幣を綺麗に扇形に広
げていく
上の扇形を作るという
より、下の扇形を綺麗
に作ることを意識する
綺麗な扇形に広がる
綺麗に扇形ができたら左から5枚
ずつ数える。
(または4枚ずつ×12回 = 48枚、
2枚×1回 = 2枚 計50枚を2度
繰り返す)

▼ 銀行員だけが知っている秘技動画付きで公開中! ▼

『現金その場限り』です。自信が持てるまで何回も数えましょう。

札勘練習用模擬紙幣のご購入はこちら