札勘練習用模擬紙幣 プロ専用札勘練習用模擬紙幣 PL保険加入について
ホーム紙について
お役立ちブログ << 一覧へ戻る

紙の歴史・販売促進・コスト削減

紙について 紙の歴史
紙はどこからきたの?  私たちの生活にとって、紙はないと非常に困るものです。トイレで用を足してから紙がない事に気づくと、途方に暮れるしかありません。あるいは花粉症になった時、出来るだけ早く紙を手に入れられなければ、顔の周りがぐちゃぐちゃになってしまいます。学校で勉強をするのにもノートの紙がなければ、全ての内容を暗記しなくてはいけないし、仕事をするにもメモを取る紙がなければクライアントとの約束を忘れ
紙について 紙と販売促進
紙の種類を知ろう 「紙」と一口に言ってもその種類は様々です。いろいろな種類の紙が、いろいろな使い方をされて、今の社会を支えているのですが、以下ではまずこの紙の種類について、いくつかの角度から見ていくことにしましょう。 まず始めは印刷に使う印刷用紙の種類についてです。私たちの普段の生活で、印刷をするとなるとA4やB4などの両面が白い紙を思い浮かべるかもしれませんが、これを正式には上質紙と呼びます。表面�
紙について 紙とコスト削減
ペーパーレスの落とし穴 企業ではパソコンの導入により、ずいぶん前から業務に使う紙をなくせ=ペーパーレスによるコスト削減が実施されようとしてきました。少し目先を変えてみれば、近年電子書籍の市場が国内でも広がり始めました。当初は「紙の本の時代は終わりか」といった内容の特集があちこちの雑誌で組まれたり、よく似たような内容で書籍が出版されたりもしました。しかし散々加熱したこの議論も結局は、「人類は紙の本と
紙について 紙とこれから
紙の新時代!! 情報のデータ化が進む中で、いくら紙がなくならないと言っていつまでもぼんやり今まで通りの紙を作っていたら製紙業界の立場はあっという間に危うくなっていきます。そのため製紙業界では次世代の紙とも言うべき高機能な素材「機能紙」の開発に力を入れています。例えば電池のコンデンサに利用されている絶縁紙や、水に溶けない不溶紙です。他にも錆を防ぐ防錆紙、燃えない不燃紙など今までの紙ならば到底考えられ