札勘練習用模擬紙幣 プロ専用札勘練習用模擬紙幣 PL保険加入について
ホーム紙の役割
お役立ちブログ << 一覧へ戻る

紙の役割

紙について 私たちと紙について
古来より私たちと紙は重要な関係を持っていました。紙は社会生活を送る上で欠かせない存在です。紙は細い繊維から成り立っています。最初、人類は繊維を紡いで織物を作っていました。文明が発達するに従って、情報を伝達する、保存するという必要が生まれました。やがて文字が発明されました。様々なものに文字で記録を残すことが必要になります。古代文字は粘土板、パピルス、竹簡、木簡などの上に記されました。しかしそれらは携
紙について 紙の成り立ちとその歴史
紙の成り立ちとその歴史紙は古代中国で生まれました。中国の四大発明(紙、印刷技術、火薬、羅針盤)の一つとされています。仏教の伝来とともに日本に伝えられました。やがてシルクロードを通ってヨーロッパに伝わります。それぞれの地域での紙の製造方法をまとめてみましょう。① 中国紙は105年、中国の葵倫(さいりん)という人物によって発明されました。しかしそれ以前にも紙が作られていたとされています。古代中国の遺跡からさ�
紙について 紙の製造方法
紙の製造方法紙の主な原料は木材です。木材の中から繊維が取り出され、紙の原料となるパルプになります。木には針葉樹と広葉樹の2種類があります。針葉樹の繊維は広葉樹のものよりも長いため、強く丈夫な紙を作ることが出来ます。一方、広葉樹の繊維は短いため、紙を作るには適さないとされていました。しかし技術の発達により、現在では広葉樹を原料として紙を作ることが可能になりました。広葉樹の長所は① 木の成長が早い。②��
紙について 紙の素材
紙の素材私たちの身の回りで意外な使われ方をしている紙製品があります。そのような紙の素材について考えてみましょう。① 溶接作業時のマスク紙は燃えやすく、弱いもののはずです。ところが、溶接の火花がかかるマスクが紙で出来ているのです。その紙はバルカナイズドファイバーと呼ばれています。これは塩化亜鉛をしみこませた紙を重ねて作られています。繊維の持つ剛性、弾力性を最大限に生かした紙だといえます。溶接マスク以
紙について 現代社会での紙
現代社会での紙私たちの身の回りにはたくさんの紙製品があります。新聞や書籍、雑誌、ティッシュペーパー、障子紙など数に限りがないくらいです。紙はあって当たり前のような存在なのです。現代では不燃性や絶縁性など様々な機能を持った紙が開発されています。ステンレスやガラス、プラスチックの紙も作られています。私たちの生活の場をもう一度、見渡してみましょう。① 料理で使うクッキングシートは紙で出来ています。② キ
紙について 紙と環境問題
紙と環境問題現代社会では環境問題は重要です。限りある資源を有効活用していかなくてはなりません。3Rと呼ばれるリサイクル運動が推奨されています。①Reduce(リデュース 発生抑制)②Reuse(リユース 再利用)③Recycle(リサイクル 循環する)紙は水に浸しておくとまた元の繊維に戻ります。リサイクルされやすいというメリットがあります。そのため古来よりリサイクルが行われていました。環境問題に大いに貢献しているといえるで�